チケット

年間パスポートの
メリットとデメリット。

こんにちは。ねむいあお子です。

昨日、半年ぶりにインしてきまして、年パスも作ってきました。

途切れることなく5年間更新し続けてきた年パスですが
色々あって今回は半年も空いてしまいました。
これから1年間たくさんいけると思うと本当にワクワクな毎日です。

今回はそんなディズニーの年パスについて書いていこうと思います。

ディズニーの年間パスポート詳細

年間パスポートの種類と値段

2パーク年間パスポート

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーを1年間楽しめるパスポート。
同じ日に両方のパークを行き来することもできます。
大人¥89,000
小人¥56,000
シニア¥75,000

東京ディズニーランド年間パスポート

東京ディズニーランドを1年間楽しめるパスポート。
大人¥61,000
小人¥39,000
シニア¥51,000

東京ディズニーシー年間パスポート

東京ディズニーシーを1年間たのしめるパスポート。
大人¥61,000
小人¥39,000
シニア¥51,000

年間パスポートでも365日入園できるわけではない!

2018年3月1日以降に年間パスポートを購入した場合を掲載しています。

パークが入園制限中のとき

3種類すべての年間パスポートが、入園制限中には利用できません。
2パークの年間パスポートを所持していて、どちらか片方のパークが入園制限になっている場合、
もう一方のパークへ入園することはできます。

年間パスポート使用不可日

2018年3月1日以降年間パスポートを作ると、
年間パスポートでは入園できない「使用不可日」があります。
公式ホームページでも確認できますし、
年間パスポートを作る際にこのような紙ももらえます。

春休み中やお盆、年末などが対象になっています。
遠方に住んでいてこのような長期休暇を利用してたくさんインするために年パスを買っていた人は注意です。

年間パスポートの支払いに使えるもの

現金、クレジットカードが使えるほか、
クレジット会社表記のあるプリペイドカードなども使えます。
私は今回クレジット機能の付いていないauウォレットを使って年パスを購入しました。
それ以外の支払については、公式ホームページをご確認いただくかインフォメーションへお問い合わせください。

年間パスポートを購入できる場所

・東京ディズニーリゾート・チケットセンター
(イクスピアリ内)
・イーストゲート・レセプション
(東京ディズニーランド)
以前はディズニーストアで引換券を購入することもできましたが、
それも現在は上記2か所のみで購入できます。

年間パスポートのメリット・デメリット

年間パスポートのメリット

短時間インが気軽にできる

年間パスポートを持っていれば、短時間でも気軽にパークにいくことができます。
私は今まで
・仕事前にグッズを買いに行く
・仕事帰りにごはんを食べに
・用事の前にパレードだけ見る
・用事が早く終わったからイン
・6時直前、アフター6に並んでる人たちを横目にイン(笑)
などなど、短時間の滞在を気軽にできるようになります。
ワンデーで行っていたころはそんなのもったいなくてできなかったし
できるだけ朝早く行って閉園まで遊ぶっていう選択肢しかなかったです。笑
私的にはこれが一番買ってよかったと思う点です。

いろんな過ごし方ができる

年パスを持っていなかった時は頻繁に行くことができなかったので
絶対に乗りたい、観たい、食べたい、買いたいなど
やりたいことがほぼ決まっていたし、
毎回同じような過ごし方になりがちだったのですが、
年パスを買ってからは、
今日はこういう過ごし方してみよう、という
冒険が気軽にできるなと思います。
パーク内では本当にさまざまな楽しみ方があって
いつも新しい発見ができます。
季節ごとやイベントごとはもちろん、
それ以外でもパークは頻繁に色々変化しています。
だから飽きることもないし毎回楽しめるのです♪

自然とディズニーリゾートに詳しくなる

頻繁にインして楽しんでいると、
自分では当たり前と思っていることでも、
他人にとっては知らない情報であり、
知りたい情報だったりするのです。
アトラクションやショーやパレードや、
キャストさんの触れ合い、お土産屋さんなど
いろんなところにパークの最新情報があって、
知らない間にとても詳しくなっています。

年間パスポートのデメリット

値段が高い!!

ディズニーの年パスってとても高いです。
他の施設の年間パスポートの値段を見ると
あまりの安さに思わず買ってしまいそうになるぐらい…笑
とにかく高いです。
自分が今後何回行けるか、行きたいかなど
色々考えて元が取れそうか良く考える必要があります。
今大人のワンデーパスは7400円ですが、
例えば会社の福利厚生などで安くチケットが手に入る場合、
その値段何回分が年パスの値段なのか、なども考える必要があります。
ちなみにワンデーパスポート7400円で行くとすると、
2パーク年パスなら13回(約月に1回以上)行くと元が取れて、
ランド、シーの年パスなら9回行くと元が取れます。
2パーク年間パスポートは、ランドとシーを一日で何度も行き来できるので、
1日に両パークを行き来するのであれば7回行けば元が取れることになりますね。

年パスならではの過ごし方から抜け出せなくなる

年パスを1度買ってしまうとディズニーに行くのがかなり気軽になってしまい
その過ごし方からなかなか抜け出せなくなってしまいます。
パークの情報は調べればいくらでもでてくるので
この半年間何回行きたいと思ったことか…
でももったいない行き方しかもうできないので
ぐっと我慢してました。

良くも悪くも「いつでも行けるから」になってしまう

うまく言えないのですが、
いつでも行けるから、と思いすぎてその日がないがしろになりがちというか、
パークにいるのが当たり前すぎて
その時その時を全力で楽しもうって気持ちが少し薄れてしまう気がします。
もちろんそうじゃない人もいるとは思うのですが…

年に数回行っていた時には気付かなかった色んなことに気付いてしまう

いい意味でもあるのですが、
悪い意味でも、いろんなものが見えてきてしまいます。
ディズニーは夢の国ですが、その意味をはき違えている人も、
自分さえ楽しかったらいいと思っている人もたまにいますよね…
それだけではないですが、いろんなことが分かってくるので
その分思うこともあります。

かなりお金を使ってしまう

毎回のチケット代がかかっていない分なんだか気持ちが大きくなってしまって
ちょっといいご飯をたべてしまったり、ノリでグッズを買ってしまったり
気付くとかなりお金を使っていた、みたいなことがたくさんあります。
ただでさえパーク内はディズニー価格でマヒしがちなので
注意しないとびっくりするぐらい散財してしまいます…

とはいえ年パスは毎回買ってよかったし、毎年ほしいと思っています

デメリットも多少はあるものの、それがあってでも年パスは買ってよかったと思っているし
デメリットの何十倍もの素晴らしい体験をディズニーで経験することができます。
ちょっとでも興味があるならぜひ年パスを購入してたくさんディズニーを楽しんでほしいなと思っています♪

最後まで読んでいただきありがとうございました♪

ブログの感想や質問など何かありましたらTwitterInstagramまたはお問い合わせからお気軽にどうぞ♡