ディズニーミュージック

”リメンバー・ミー”の好きな言葉。

ここに文字を入力してください

今回ご紹介するのは映画リメンバー・ミー(Coco)の名言です。

リメンバー・ミー

リメンバー・ミー(Coco)は、2017年の11月に公開された映画です。

日本での公開日は2018年3月16日。

映画を見ていなくても主題歌の「リメンバー・ミー」はどこかで聞いたことあると思うし、素敵な歌詞とメロディーに心が洗われる感じがしますよね。

ひょんなことから主人公のミゲルが死後の国に行って、そこで色々なことが起こるというお話。

死後の国とだけ聞くとなんだかおどろおどろしい、怖い悲しい感じですが、とっても明るい素敵な世界でもありました。

全然想像していた結末と違って最後まで目が離せなかったし、色々な場面で号泣しました。

私の心に刺さった名言

この、「リメンバー・ミー」で、私が素敵だなと思った言葉をご紹介します。

チャンスを掴め!

これはミゲルが憧れていたデラクルスの言葉です。

待っていてもチャンスは来ない。

自分から掴みに行かなければ、と改めて思うきっかけになりました。

親がだめって言ったから、お金がないから、時間がないから…

などと言い訳ばかりして、「いつか」なんて思っていても

そのいつかは来ないと、映画を見て改めて感じました。

ミゲルはずっと音楽か家族、どちらを取るべきなのか、どちらかしか取れないのか、家族と自分の気持ちとの間でずっと葛藤していました。

そんなミゲルの背中を強く押す言葉でした。

(そんなデラクルスがまさか……と最後びっくり。)

 

そして映画を見る前から大好きだった歌、「リメンバー・ミー」

リメンバー・ミー お別れだけど

リメンバー・ミー 忘れないで

たとえ離れても 心ひとつ

お前を想い唄う この歌

ヘクター(死後の国でミゲルが出会った、一緒に冒険をすることになるパートナー)がココ(ミゲルのひいおばあちゃん)のために作った曲。

最後の最後にそれが分かって涙が止まらなくなりました。

 

本当は別れなんて望んでいないけど、どうしても離れなければいけない時もあるかもしれない。

そんなときに心を込めて歌いたい曲です。

犠牲にするものを間違わないように

夢を叶えるためには犠牲にしなければならないことがあると思いますが、

犠牲にするものを間違わないようにしなければならないと、この映画に教えてもらいました。

成功するためなら手段をいとわない、というのは、一見すごくかっこいいように見えるけれど、とても危険な考え方なのかもしれません。

だけど、何も犠牲にせずに夢を掴むこともできないと思います。

犠牲にするものを、間違わないように。

 

リメンバー・ミーはアマゾンのレンタルなら300円から観ることができますのでぜひ♩

ブログの感想や質問など何かありましたらTwitterInstagramまたはお問い合わせからお気軽にどうぞ♡