ディズニーミュージック

“プリンセスと魔法のキス”の好きな言葉。

今回ご紹介するのは、プリンセスと魔法のキス(The Princess and the Frog)の名言です♩

プリンセスと魔法のキス

プリンセスと魔法のキス(The Princess and the Frog)は、2009年の12月に公開された映画です。

日本での公開は2010年の3月6日。

映画の中のいろんなところでjazzが流れていて、気分がすごく上がる映画でした。

映画の最後、蛍のレイが、最愛のエヴァンジェリーン(レイは蛍だと思っていたけれど、本当は夜空に輝く星だった)と一緒になれたところは本当に素敵で涙が止まりませんでした。

あと、映画を見る前から存在だけは知っていたヴィランズの”ファシリエ”。
彼の巧みな話術に酔いしれました。とても格好良くてしびれました。。。

私の心に刺さった名言

この、「プリンセスと魔法のキス」で、私が素敵だなと思った言葉は

星は夢を叶える手伝いをするだけだ。

自分で一生懸命努力しなきゃならないんだよ。

分かるか?本気で頑張ればなんだってできる。

 

ティアナのお父さん、ジェームズが子供のころのティアナに言った言葉です。

星に願えば夢が叶うと言ったティアナにそう伝えました。

 

それともうひとつ、同じ場面でジェームズが言っていた

おいしい料理っていうのはな、どんな人たちの心も一つにしてくれるんだ。

おいしいものを食べればみんな幸せな気持ちになるだろう?

という言葉。

本当にその通りだなぁと思いました。

食生活をおろそかにして、幸せなどあり得ないなと、

自粛期間中に暮らしを改め始めて強く思ったのでした。

本当に必要なものを考えるきっかけに

映画の中で197歳のママ・オーディが、「望むものではなく、本当に必要なものは何か考えて」というとても大切なことを教えてくれます。

私たちも、なにかを望むことはたくさんあると思いますし、その望みが叶うように努力をたくさんすると思いますが、

本当に必要なものが何かを見失っていたら、本当に幸せにはなれないかもしれません。

夢を叶えるためにがむしゃらに努力し続けることは大事なことですが、たまに立ち止まって、本当に必要なものはなにか、考える時間も必要なんだと思います。

そんなことを気付かせてくれた映画でした。

この映画は約1時間半、私はとてもあっという間に感じました。

アマゾンのレンタルなら300円から観ることができますのでぜひ♩

ブログの感想や質問など何かありましたらTwitterInstagramまたはお問い合わせからお気軽にどうぞ♡